男の離婚準備

【男性の離婚準備】離婚後に家を競売にかけたら、住宅ローンはどうなる?

婚姻関係にある男女が何らかの問題に因って、離婚準備に入らざるをえない状況になった場合には、
子どもの親権者問題や養育費問題などと共に、財産分与についても明確な取り決めをして置かなければ、
後に禍根を残すことになりますので、気をつけなければなりません。

 

たとえば、離婚準備に入る前の婚姻関係を結んでいる時に作った財産は、
通常は二人の共有財産だと認定されますが、夫である男性側なり、
妻である女性側なりに婚姻関係を破綻させる大きな要因があった場合には、それも含めてきっちりと解決して置かなければなりません。

 

ですから、普通は離婚に際して住宅ローンの残っている不動産についても、
前もってどのようにするかは取り決めが行われるものです。

 

たとえば、住宅ローンの残っている不動産は慰謝料代わりに妻のものとする代わりに、
住宅ローンは夫が支払い続けるとか、離婚準備中に競売や任意競売にするなどです。

 

しかし、夫婦二人だけでの決めごととして、法律の専門家などの介在を見ずに物事を決めるなどした場合には、
諸事情に因って一方に不利な条件となってしまう場合もあります。

 

そういったことを起こさず、そういったことを無くすためには、多少お金は掛かっても、
やはり法律的に瑕疵などがないように専門家にきっちりと手配して、
条件を決めた時の証拠となるような文書などに残すことが大切です。

 

そこまで相手を疑うのはどうかという気持ちは、残念ながら間違いのもとと言わざるを得ません。